ひめちゃんのblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 見積もり

<<   作成日時 : 2006/06/17 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 17

画像

これは鞭打ちの人が良く首にはめている「カラーキーパー」(商品名?)と言う物ですがこの梅雨の時期に暑くてしていられません。(これは救急病院で付けられた物)
掛かり付けの医者に聞くと徐々に外して良いとの事で、もう外しました。












画像

写真は代車の日産ティーダ、5ナンバーでカタログ数値や見かけにとらわれず乗ってみてその良さがわかる車の一台だと思います。

今日、ルノーディーラーに聞いたところカングーの見積もり部品の金額がわかっただけの金額で80万円、これにまだルーフなどの大きな部品金額が未確認でこれまで入れると100万円オーバー、それに工賃と塗装代まで入れると150万円コースだそうです。150万円以上かけてフレーム修正等も含め修理してもハンドルが取られるとかタイヤの方ベリが無いかなど正直な話出来てみないとわからないらしいです。
たとえそれが完璧でもこれだけの事故車だから下取りの査定は出ないでしょう。
すべての部品がフランス国内にあっても2ヶ月はかかるらしい。

この事からも全損コースだと思いますが、問題はこれから先新車に対してどれくらいの値落ちで値段の提示があるかが問題です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ルノー カングー RENAULT kangoo (ルノー)
「ルノー カングー RENAULT kangoo (ルノー)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 ... ...続きを見る
クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbu...
2006/06/19 21:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
暑い時期だけど首輪はまだとっちゃダメよ@ホント。
鞭打ちは最初の一週間が勝負だから、騙されたと思ってしばらく首輪しましょう。
事故から翌日より翌々日と数日アチコチに痛みが来ます。

私はムチウチが本当に完治したなと思ったのは1年以上経ってからです。
先は長い。(^^;
anan
2006/06/17 01:21
これだと、全損間違いなしですね。
車の値段は、レッドブックで決まっているので、最大でも20万程度の開きしかないと思います。
全損の車代だけでは、新車は絶対買えないので、病院に通って稼ぐしかないと思います。
たしか、通院1週3回以上だと、保険金が高くなると思うんですが。
後は、休業補償ですね。
300万以上は貰わないと、合わないね。
フジキ
2006/06/18 20:58
▼ananさん
今通っている病院は通院初日からストレッチ始めるし......、何だか首を固めるのではなくストレッチで筋を伸ばし筋トレで首を鍛える方向で直すようです。
流石に3日目の筋トレは痛くて出来なく、それを伝え今は筋トレ外しています。(笑)
ちょっと不安ですが、ヤブ医者の評判はないのでもう少し我慢します。(笑)
ひめちゃん
2006/06/18 21:55
▼フジキさん
そうそう、中途半端に車を修理されても困りますが、全損扱いで中途半端な金もらっても車も買えない。特にルノーは新車買う時は一緒ですが中古の値段は一気に落ちるから怖い、それでもカングーはマシなほう。想像するだけで怖い。(笑)

休業補償もらっても給料の手取りが増える訳じゃないし(もちろん手続きはします)、
一番無難なのはジコジコ通うのが得策のようですね?
トホホ。
ひめちゃん
2006/06/18 22:04
交通事故などは守備範囲外ですが、評価損という考え方があります。
評価損には基本的に2つの大きな流れがあり、1つは実損主義、もう1つは評価主義等と呼ばれます。
実損主義は、事故により破損した箇所を修理した場合に、1)修理によっても完全に回復しなかった機能障害あるいは美観障害があること、もしくは、2)事故により、通常使用が可能とされる期間が短縮されるようなときに、当該車両には評価損ないし格落損がみとめられるという立場です。
Neil
2006/06/19 09:25
評価主義は、経験則上、事故歴がある車は下取価格等が下落するという理由をあげるのが一般的で、現実に下取り交換に出されたかどうかを問題にしません。
つまり、実損主義では、本来あるべき価値・価格が事故によって減少させられない限り損害とならず、仮に計算上価値が減少した場合でも、下取交換等によって、損害が現実化しない限り、損害賠償の対象とはならない。事故後も数年間乗り続け、最終的に廃車となったような場合は、損害が生じなかったこととなります。一方、評価主義では、損害を評価するだけですから、実損は問題となりません。
評価損の考え方は、判例においても上記両説共に採用されているので、評価損の主張が認められるかどうかは、各裁判体の判断によることになります。
Neil
2006/06/19 09:26
まあ、いろいろあるでしょうけど、いい形で早く諸事片付くことをお祈り申しあげます。

体の方も、一日も早く本復して林道ツーにいきましょう(^^
やまへろ
URL
2006/06/19 11:11
大変でしたね。お見舞い申し上げます。

ご存知とは思いますが、忘れがちなので念のため・・・
自分の車に「搭乗者傷害保険」が付いているのならそれも使えますよ。
で、それは使っても等級は下がりません。
一般的な「搭乗者傷害」で1000万円保障なら、通院1日あたり1万円でますので、そこそこ助かりますね。
ほかに「普通傷害保険」とかの契約があればそれも請求してください。
当然ですが請求しないと保険は出ません。(笑)
おぢぢ(^^)v
2006/06/19 11:47
ひめちゃんの年収から算定される1日あたりの給与×通院日数=休業補償?
院内にいる時間が10分でも通院です。カングーの現状復旧のためにもシコシコ通いましょうw
ぼかぁサラリーマンなのでダメですが、前の事故のとき、ボクが医者に治療固定してくださいといったら「ホントにもういいの」と何度も念押しされました。結構シコシコ通う人が多いようですwww

部品調達で2ヶ月と言われたならば完成には半年を要するのがこの業界の通説です(^^;)
ISA
2006/06/19 13:03
過去3ヶ月の給与明細合計を90で割って1日の休業補償価格を出していました10年前。
今はどうするんだろう?

また、通院の為に休んだ日数はタイムカードを出してくれと言われましたが今もここまで確認するのかな。

結局この手の事故は、連続して休暇が取り難いサラリーマンは不利だとよーく判ります。
おいらのナンバーの職種や浮浪者の方は、ずっと入っていられるそうな。
浮浪者は休業補償もあったもんじゃ無いが893の方はなかなか良いシノギらしいですよ、当人がそう言ってましたから。
anan
2006/06/20 01:36
▼Neilさん
Neilさんありがとうございます。
う〜ん、難しい文章ですが、わかったようなわからないような.....。(^_^;)
割れた茶碗でも元通り接着剤でくっつければ機能的には問題ないが、価値的には無くなる。
その価値も売らなければ発生しない。その価値を判断するのはケースバイケースってところかな?
私の場合、3年前後でルノーの車を買い直していますので下取りの価値が無くなると大損です。
まっ、この辺は先方の出方次第で対応していきます。
ひめちゃん
2006/06/20 18:29
▼やまへろさん
やまへろさんありがとうございます。
人生2分の1世紀近く生きていると色々あります。(笑)
体が回復したら各自弁当持って林道ツーリング誘ってくださいね。
ひめちゃん
2006/06/20 18:32
▼おぢぢさん
おぢぢさんありがとうございます。
今まで自分の搭乗者傷害保険が使えるなんてご存じありませんでした。(^^;)
今回はこれを使えるようにこちらの保険会社には連絡済みです。
バイクも含め車の保険に入って30年以上になりますが、過去一度(20年前)自損事故で使った以外に使ったことが無く、車を複数所有なので経費節減のため保険金額はあまり高いのは入っていません。
後ね、確か市役所の方で1日1円だっけ?掛け捨ての保険に入っているのでこちらが使えそうです。
請求の手続きも面倒なんだよね。金額によっては診断書の金額の方が高い場合がある。(笑)
ひめちゃん
2006/06/20 18:44
▼ISAやん
前の事故の時は会社休んでも休業補償も使わなかったし、通院も面倒なので早めにやめました。だって治療時間より待ち時間の方が長かったし目に見えて改善されなかった。でも今回は衝撃の具合がまったく違うし気長に治していきたいと思います。

ティーダのレンタカー料金は1日目以降1日に付き7,875円(HPより)だそうです。
まっ、保険会社が借りているからもう少し安い料金だと思いますが、時間が長引けば長引くほど無駄な支払いになりますね。(^^;)
ひめちゃん
2006/06/20 18:55
▼ananさん
休業補償はいくら使っても本人には儲けはなく、会社に迷惑をかけるだけ!
ほんとサラリーマンには不利ですね。(だから前回は使わなかった)

休業補償請求には源泉徴収がいるようですが、893な人は税金払っているのだろうか? (笑)
ひめちゃん
2006/06/20 19:03
3年前の妻の貰い事故、相手が一時停止不停止、妻は優先道路しかも減速。
相手のあい○い損保は「過去の事例から8:2から変更出来ない」「代車代は保険では出ない事になっている」等と平気で言ってきました。
シロートをなめてるな?というわけで、書面で出すよう、と加害者本人へ書面を送ったらあいお○の態度がコロリ。大事な客からのクレームには弱い(笑)
一自負停止は確かに「8:2」が相場なようですが、物損は「9:1」にもっていき・・・

人身の方は、ひめちゃんの書いてる事に近いですが、職場に迷惑が掛かると言い通院もそこそこ。幸い現在は完全復活しています。

あ○おい秋田支社の対応も悪いが加害者の対応(保険屋に任せるとひらきなおり)、保険代理店の対応も最悪でした。
保険の説明には「謝ったらダメ」みたいなこと書かれてますが、それは保険屋の都合だと思うのです。
過失割合が微妙な事故ならそれも解りますが、一時不停止とか追突とか、明らかに一方の過失が大きい場合は謝るのが筋だと思います。被害者は怒りますよね。
さとぴょん
2006/06/21 00:03
▼さとぴょん
避けきれない脇道から相手の飛び出しが始末が悪い。
ぶっつけられた〜。と話を聞いてみると、確かに相手からこちらの脇腹に当てられているが相手が優先道路でこちらが脇道で......って話もあり、優先道路や一旦停止、左方優先等々の認識がないと話がややこしくなる事がありますね。これ以上に相手が悪いのにこちらが動いていたと10:0にならないケースが頭にくる!
話の内容によっては過失を譲って金額を取るってコースもあるみたいですが.....まっ、どちらにしても事故はイヤですね。
エスハチは査定が出ないのでこちらに過失が無くとも事故には気をつけてください。(^_^;)

保険会社にも色々ありますが、会社と言うより対物、人身の各担当者個人によって対応が辛かったり親切だったりするんでしょうね。いや、親切って事はないか?
私の場合、加害者は事故当日まだ眠りから覚めないのか、事故で頭が混乱していたのか本人からの言葉がありいませんでした。
ひめちゃん
2006/06/21 23:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
見積もり ひめちゃんのblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる